家事代行で清潔に|プロに依頼で汚部屋がピカピカRoomに変身

増加の可能性

ゴミ屋敷は今後増える可能性が高い

Home keeping

最近、ゴミ屋敷問題というものが話題になっています。ゴミ屋敷というのは、部屋、または家の中にゴミが散乱しており、住んでいる人がそれを積極的に片付けることがない状態を言います。それが、家の中だけの問題で済んでいる場合もありますが、ゴミが家の外にまであふれていて、虫やねずみなどが発生し、近所にも問題が波及しているというケースがあります。 後者のケースは、主に一人暮らしの中高年の家で起きていることが多く、今後、更に一人暮らしの高齢者が増えていく可能性が高いので、ゴミ屋敷も今以上に問題になる可能性があると言えるでしょう。また、それと同時に、ゴミ屋敷の掃除を請け負う清掃業者の数も増えていくことになるでしょう。

ゴミを溜める理由によってはただ掃除するだけでは解決しない

では、近親者の家がゴミ屋敷になってしまった場合、どのような対処を取ればいいのでしょうか。 重要なのは、なぜゴミが溜まっているのか、その理由をはっきりさせることです。たとえば、仕事が忙しく、家に帰っても寝るだけでゴミをまとめている暇がない、あるいは単純に掃除や片付けが苦手であるという理由であれば、ホームヘルパーを雇って掃除してもらうだけで解決します。 しかし、ゴミをゴミだと思っておらず、意図的に家の中をゴミだらけにしているという場合は、精神的な問題を抱えていることが考えられ、ただ業者に掃除してもらうだけでは、問題の根本が解決しない場合があります。その場合は、まず掃除をして家を片付けた後、精神的な問題を解決するという風に二段構えで臨んだ方がいいでしょう。